活動内容

ピアノを愉しむ、
東京大学の地で。

東京大学ピアノの会はピアノを愛する人々が集うサークルです。 東京大学駒場キャンパスを中心に活動しています。 インターカレッジで、いろいろな大学・大学院の方が所属しています。 40年以上の歴史を持ち、現在の会員数は200名を超えています。 ピアノの実力はひとそれぞれですが、演奏会でピアノを弾いたり作曲をする会員がいたりと皆ピアノを愛しています。
メインの活動は年に4度の演奏会です。二月演奏会(旧一月演奏会)、五月祭大演奏会、八月演奏会、駒場祭大演奏会ではたくさんの会員がピアノを演奏します。 ぜひ聴きにいらしてください。
ほかにも合宿・パーティーや他大学のピアノサークルとの合同演奏会などを企画しています。
東京大学ピアノの会は、主に4-5月の新歓期に会員を募集していますが、いつでも入会することができます。 入会をお考えの方は、2021年度新歓情報のページをご覧ください。
活動内容紹介 活動内容紹介2

東京大学ピアノの会の活動内容

演奏会について
当会では、年に4回、演奏会を開きます。 5月に五月祭大演奏会、8月に八月演奏会、11月に駒場祭大演奏会、2月に二月演奏会(旧一月演奏会)を開きます。 また、6月には新入生のみが出る新人演奏会があり、3月には入会4年目の会員による卒業演奏会があります。 どの演奏会も入場無料で一般の方々にお越しいただいています。 五月祭大演奏会・駒場祭大演奏会はそれぞれ本郷キャンパス・駒場キャンパスで開いており、 他の演奏会は外部のホールを利用しています。 演奏会最終日の晩にはコンパが企画されます。 詳しくは「演奏会」のページもご覧ください。
演奏会の様子
パーティーについて
10月には「秋のコンサートパーティー(秋コン)」、12月には「クリスマスパーティー(クリパ)」という、 会員の演奏を交えた立食パーティーが開催されます。 秋コンでは様々な楽しい企画が行われます。 クリパは会の運営役員の引き継ぎの式典でもあり、重要なイベントとなっています。
クリスマスパーティーの様子
合宿について
合宿といっても、泊まりこみで練習をするようなものではなく、ピアノのある宿に行く旅行のようなものです。 例年、夏合宿は2泊3日で避暑地に行き、春合宿は2泊3日でスキーをします。
冬合宿の様子
定例会について
定例会とは月に一回ほど開かれる会員の集まりです。 駒場キャンパスのコミュニケーションプラザ和館にある和室を借りて、 諸連絡を行うほか、演奏会前は協力してプログラムの製本作業を行います。 定例会終了後には、お菓子を食べたり飲み物を飲んだりしながら歓談します。 また、夜にはどこか食事へ行くことも多々あります。
画像準備中
活動費用について
入会費は一律3,000円で、年会費は一律4,000円です。 ただし、10月以降の入会の場合、年会費が半額となります。 また、入会2年目の新2年生には新歓費として3,000円ほど負担していただいています。
演奏会では1分あたり400円ほどの演奏料をいただいています。 これは、演奏会の開催にホールやピアノのレンタル料が必要であるためです。
そのほか、コンパ・合宿・パーティーでは実費をいただいています。
活動費について